トップページ > 学校の出来事(ブログ) 
学校の出来事 >> 記事詳細

2018/11/05

薬学講座が実施されました

| by 総務課Web担当
 11月2日()LHRの時間、全校生徒を対象に薬学講座が実施されました。

 本講座は高校生に対し医薬品の正しい知識の普及を図るとともに、大麻や覚せい剤等の薬物乱用による弊害を周知するために行われ、「薬物の現状」についての講演を静岡中央警察署静岡地区少年サポートセンターの庄司晴代様、「医薬品の正しい使用方法」についての講演を学校薬剤師の秋山良太様を講師としてお招きしました。
 
「薬物の現状」についての講演では、薬物事犯の現状として10代20代の検挙者が増えてきており、静岡県の検挙者数は全国では多いほうであること。薬物の恐ろしさは依存性にあり、乱用することにより心身に大きな影響を与えるだけでなく、社会に与える影響も大きいこと。薬物に巻き込まれないためには健全な生活をし、相談できる相手を見つけること等お話いただきました。

 「医薬品の正しい使用方法」についての講演では、健康を守る薬も使い方を間違えると危険が伴う。安全に使用するために、薬が効く仕組みについて理解し、健康を守る薬を服用するときの用量用法や注意事項を守ること。その他、医療費を削減するためのジェネリック薬品やセルフメディケーション(自分の症状にあった市販薬を上手に使う)について。かかりつけ薬剤師や薬手帳を持つメリット。薬の種類と用法等について説明していただきました。

今回の講座では、自分自身の健康に責任を持ち、健全な生活をしていくための知識を学びました。

      

      


17:41