新着
第15回日本物理学会Jrセッショが3月17日(日)に九州大学で開催され 本校自然科学部から参加した、「1円玉を浮かべる表面張力の働き」のチームが 奨励賞をいただきました。 この大会は、全国から集まる1次審査を通過した高校生たちのポスター発表を、大学の物理専門の先生方が審査し、突っ込み、アドバイスをしてくださいます。今回は80チームが参加し、前半後半それぞれで2時間ずつの発表でした。レベルの高い様々な研究を自分でも聞き、質問もしました。物理分野の研究をする高校生たちが切磋琢磨する交流の場にもなっています。      
 3月15日(金)小論文の添削指導を行っている方を外部講師としてお招きし、1年生、2年生毎に、小論文の書き方について指導が行われました。  1年生は説得力のある小論文の書き方について、「作文・感想文と小論文の違い」「小論文の段落構成」「出題例と書き方のポイント」「構想メモ(設計図)を作る」等の項目について指導していただきました。本指導に基づいて、後日小論文模試を受けることになります。  2年生は、小論文模試として事前に志望理由書を書き本指導に臨みました。1年生とは異なり、すでに小論文の書き方についての基礎的な指導は受けているので、自分の書いたことが相手に伝わるような志望理由書の書き方について、進学と就職各々について例を見ながら具体的に指導していただきました。  1、2年生共に今回指導していただいた内容に基づいてトレーニングをし、小論文の記述力が向上するよう努力しましょう。                                                                          
ブログ
03/18
学校の出来事(ブログ)
 3月15日(金)1年生の学年集会が行われ、1.学年主任から 2.生徒課から 3.手帳甲子園について 4.進路課から 各々話がありました。  最初に、今年度2回行われた学年集会で、学年主任の先生から生徒に話した1年間意識して生活してほしい下記8項目について、生徒一人一人が〇×△で自己評価をしました。 ①遅刻しない ②授業を大切に ③新しい友達をつくる ④進路について考える ⑤初心を忘れない ⑥PDCAサイクル(計画→実行→振り返り→改善)を意識して生活する ⑦先輩から学ぶ ⑧目の前のすべきことに全力で取り組む  「このような振り返りをその都度おこなうことが大切で、今回自己評価の結果×や△だった項目について4月以降どうするか考えてほしい。また4月からは先輩として新入生に見られる側になる、学校が楽しいと思ってもらえるような後ろ姿を見せてほしい。」との話がありました。  次に生徒課の先生から、春休みを迎えるにあたり、①スマートフォン、SNS使用の際は自分の行動の影響をよく考えて扱うこと ②無断アルバイト禁止 ③バイク免許取得、運転の禁止 ③自転車通行マナーやルールを守ること等の注意がありました。  手帳甲子園については、1年...
   3月14日(木)正午、平成31年度入学者選抜検査合格者 全日制365名 定時制24名が発表されました。  受験生本人や保護者の方々が発表30分ほど前から集まり始め、多くの人が発表を待ち構える中、正午に合格者の受験番号が生徒ホールに貼り出されました。  歓声、ガッツポーズ、掲示板を背景に写真撮影等、喜びの光景が見られました。  合格者の皆様、保護者の皆様おめでとうございます。入学式は4月5日(金)です。新1年生の登校を、在校生および教職員一同心待ちにしております。                
2019年3月9日、10日と静岡科学館る・く・るにてサイエンスピクニックが開催されました。県内、外よりたくさんの団体が参加して、子供たちに科学の楽しさを伝える様々なブースやステージ発表が行われました。自然科学部では、1年生が主体となって科学工作「パタパタくん」の製作とポスター展示による2年生の研究発表を行いました。たくさんの子供たちと言葉を交わし、他のブースでの体験もたくさん楽しむことができ、あっという間のイベントでした。
ブログ
03/12
部活動からの情報
無線
 無線部では,業務用無線の資格である第一級陸上特殊無線技士の取得に取り組んでいます。この国家資格は,陸上の多重無線設備やレーダーなどの取り扱いが可能で,電気通信事業者や防災行政等で活用されています。年に3回の試験が行われますが,休日に行われるのは2月のみで,高校生にとっては事実上の年1回の資格試験となります。今回は理工科の1年生と2年生の2名が合格しました。1年生で合格したのは,6年ほど前に電気工学科で2名が合格した以来となります。これからも上級資格の取得にチャレンジしていきます。