トップページ > 生徒会・部活動> 部活動からの情報 
部活動情報 >> 記事詳細

2018/03/28

自然科学部 大会報告

| by 部活動01
 平成30年3月23日開催
 第14回日本物理学会Jrセッション  奨励賞 受賞
 
 発表テーマ「輪ゴム飛ばしにおけるホップアップについての研究」
 研究メンバー:理数科2年生 4人

 

 平成30年3月23日開催の第14回日本物理学会Jrセッションに自然科学部より1チームが参加し、奨励賞をいただきました。この大会は、日本物理学会が主催し、高校生の探究活動を活性化する目的で行われています。物理学会と同じ会場の中で行われ、すべてポスターセッションで発表されます。各発表に4名の審査員が聞きに来て、突っ込んだ質問をしたり、アドバイスをくれたりと活発な質疑が行われます。そのほかの出場校生徒や顧問など、多くの人たちが物理学的な視点で様々な意見を下さる有意義な大会です。
 参加には最大5ページまでの論文提出で申し込みが行われ、その審査が第1次審査となります。今年度は140件弱の応募の中、102件がポスターセッション参加を許可されました。本校からは初参加になります。最優秀賞は早稲田大学高校3年生が研究した「アンチバブル」についての研究でした。北は北海道、南は沖縄まで日本全国の高校生の熱心な研究成果の発表に本校生徒たちもとても刺激を受けて帰ってきました。

11:59