インフルエンザ様疾患に関する対応について

 インフルエンザの流行について,学校におきましては,マスク,うがい⽤消毒液,アルコール消毒液を備えていますが,流行と感染者の拡大防止のため,御家庭でも下記のことに十分御配慮ください。

1 感染予防のため⽇常⽣活の注意

(1)登校前,発熱等の症状があり体調が悪い場合は,御家庭で様⼦を見てください。
(2)⼿洗い・うがいを励行して下さい。(特に外出後)
(3)人に咳やくしゃみをかけない「咳エチケット」を励行してください。
(4)人混みへの外出を控えるようにしてください。
   どうしても人混みへ外出しなければならない場合は,マスクの着用に心掛けてください。
   (特に電車やバスの公共交通機関を使⽤する場合は気をつけてください)
(5)ペットボトルの回し飲みや,回し食べはしないでください。
(6)十分な睡眠・休養とバランスの取れた栄養摂取を心掛けてください。

2 インフルエンザ様症状

 38度以上の発熱の他,咳や鼻水・鼻づまり,喉の痛み,関節の痛み等がある場合は,速やかに医療機関で受診するとともに,学校に症状を連絡してください。
 * インフルエンザ様症状で医療機関にかかる場合は,マスクを着用して受診してください。

3 出席停⽌

 インフルエンザにかかった場合,出席停止になります。直ちに学校に御連絡下さい。
 登校の際には,医師の登校許可が必要です。所定の用紙がありますので,来校して受け取るか,FAXで受診するか,本校Webページから印刷願います。

>>>登校許可書.pdf… 登校許可書はこちら (PDF形式)