学校の出来事

2年生の進学希望者を対象に英語入学試験の説明会が行われました

 9月9日(月)、10日(火)、2年生の進学希望者を対象に、令和3年度大学入学者選抜試験の制度変更に伴う英語試験の変更点についての説明会が行われました。
 変更点は、民間の資格・検定試験を活用した英語の技能評価が課せられ、その結果は個人データとして、大学入試センターに管理されるようになります。
 そこで上記変更に伴い、初回対象となる2年生に変更点とこの時点で行っておく準備の説明が行われました。注意点は次の2項目。①進学希望者は全員新制度の利用に必要な共通IDの発行を受けておくこと。②大学出願時期に合わせ英語試験の結果が出るよう、民間の資格・検定試験日程を調べ、個人で手続きをすること。

 説明終了後、共通ID発行申込書の書き方の説明と下書き指導が行われました。
 最後に学年主任の先生から、3年生への準備が始まっている、試験情報や志望する大学の情報収集、試験のスケジュール管理等の活動は人任せでなく自分で行うこと。さらに確実を期すために保護者や担任の先生への報連相を行いながら進めていくように。とのお話がありました。
 令和3年度から英語試験に上記のような大きな変更がありますので、間違いがないよう自己管理をしっかり行っていくことが必要だと思います。

      

 

1年生を対象に2年次の選択科目説明会が行われました

 9月6日(金)のLHRの時間に、工業科の1年生を対象に2年次の選択科目説明会が行われました。まず体育館で全体集会が行われた後、各教室に戻って、各科の先生から専門科目の説明がありました。
 全体集会では教務課の先生から、選択科目登録時の注意事項や登録用紙の書き方の説明があり、そのあと共通科目である数学と英語について各教科の先生から履修条件や科目内容の説明がありました。最後に学年主任の先生から、「進路は進学か就職かを考えるのではなく、立派な人間としてどうしたら生きていけるかを考えること。将来も見据え今何を学ぶのがよいのかをよく考えること。」とのお話がありました。
 選択科目登録に当たり、生徒の皆さんは、先生方お話の内容について保護者とよく話しあってほしいと思います。

      

               

 

☆物質工学科で、静岡県立大学教授による出前授業が行われました

 9月4日(水)物質工学科の1,2年生を対象に、静岡県立大学食品栄養科学部 原清敬教授により「微生物によるものづくり」をテーマに出前授業が行われました。
 発酵と腐敗についての考察、発酵食品の特徴から始まり、発酵のレシピ(RECIPE)として、資源(Resource)、エネルギー(Energy)、細胞(Cell)、遺伝子(Information)、生産物(Product)、環境(Environment)の切り口から微生物を用いたものづくりについて、各々例をあげて説明していただきました。
 微生物を用いたものづくりの技術の核は遺伝子工学であり、細胞内で酵素の情報を付け足したり書き換えたりすることにより、人工的に目的とする物質を容易に生成することができるようになってきたとのことでした。また細胞内で起きる反応にもエネルギーが必要であり、エネルギー源となる物質とその物質からエネルギーを得るメカニズムについてお話しいただきました。
 現在主流の化石燃料を用いた物質生産に対し、生物を使った物質生産(バイオプロダクション)は持続可能な社会を構築することが可能であり、重要度が大きく将来性のある分野として注目されているとのことでした。
 微生物の工業的利用についていろいろな話を聞くことができ、新たな知識を得ることができました。

               

      

 

卒業生による大学説明会(工業科対象)が行われました

 8月31日(土)に工業科(土曜講座受講者)の全学年を対象に卒業生による大学説明会を実施しました。この行事は毎年行われているもので、本年度も国公立大学・高専に進学した20名の卒業生が講師として来校してくれました。

 3年生は受験が間近に控えているため、入試対策や受験に対するモチベーションの保ち方など、卒業生と積極的な意見交換ができていました。1,2年生からは勉強と部活動の両立、大学生活についてなどの質問が多く出ていました。この行事に関して卒業生は多大な時間をかけて準備にあたってくれました。分かりやすく、在校生の目線に立ったメッセージがとても印象的でした。この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。

 本校からはAO入試や推薦入試を利用して進学する生徒が多くいます。卒業生からのメッセージを聞いていると、日ごろの高校生活を大切にしていくことの重要性がよくわかりました。在校生は、先輩からの熱いメッセージを糧に目標実現のために頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

土地家屋調査士会の方々による出前授業が行われました。

9月2日(月)、静岡県土地家屋調査士会の方々を講師にお招きし、建築デザイン科の2年生を対象とした出前授業が行われました。

「土地家屋調査士」は、土地・建物を測量して登記する業務を行っており、現在、静岡県内には約590名いらっしゃいます。本校の卒業生も数多く活躍しているそうです。

午前は、4班に分かれてGNSSネットワーク型RKT法による埋設物の探索や測量方法による面積誤差の確認を実習しました。

また、午後は、土地家屋調査士の仕事内容や土地登記事項証明書・地籍測量図見方などを教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

本日はありがとうございました。

 

 

3年生の学年集会が行われました

 8月28日(水)、3年生は学年集会を行ない、学年主任の先生から次の2つのお話がありました。
 ①夏休みの約1ヶ月の間に各自進路に関し決断したことと思う。不安もあるかとは思うが
  自分の決断に自信を持ち、地道に自分のできることに取り組んでいくこと。
 ②高校生活も残り半年、みんなで気持ちよく高校生活を送るために、クラスメートや周囲
  の進路状況等について気遣いし、良い雰囲気をもって卒業式を迎えてほしい。
 3年生にとっては、これから歩む人生を左右する重要な時期を迎えることになります。達成感、喜び、不安、焦り等いろいろな思いが交錯することと思いますが、学年主任の先生の話にもあったように、思いやりの気持ちを忘れないようにしてください。  

            

防災訓練が行われました

 8月28日(水)、2学期始業式の後、防災訓練が行われました。

 今回の防災訓練は、生徒が地区ごとに教室に集まり、①地区ごと生徒同士の防災意識を高める、②各地区担当の先生の確認、③生徒下校集団の編成確認、を目的に行われ、地震注意情報発令時の帰宅方法の確認や、帰宅時の危険箇所等について話し合いが行われました。
 9月1日は防災の日です。地震注意情報発令時の対応方法について、家庭でも話し合っておくことが大切だと思います。

               

 

2学期の始業式と表彰が行われました

 8月28日(水)午前、2学期の始業式と表彰が行われました。
 始業式では、校長先生から、2学期を迎えるにあたり、学びの効果を高めるために心がけることとして経験も踏まえ、次の2つのお話をいただきました。
 ①学んだ知識は暗記だけでは定着しない。自分のものとして定着させるためには、日頃の                                  
  経験と結びつける心がけが必要。新しいことを学んだ時には、これまでに学んできたこと
  を総動員して思考を巡らせることを心がけること。
 ②学んだことを定期試験や模擬試験を受けることによりアウトプットすること。その結果
  をそのままにせず、何が駄目だったかの振り返りをすること。理解したつもりでも実際に
  やってみると、わかっていない部分を知ることができる。
 学んだ知識も試験後は忘れてしまっては、真に学んだ身についたとは言えません。振り返りと繰り返しをしっかり行いましょう。

 表彰式では、夏季休暇中に行われた各種大会で優秀な成績を収めた6団体10名の生徒が表彰されました。表彰内容は以下のとおりです。 

水泳部  静岡県中部地区高等学校新人水泳競技大会       100背泳ぎ 準優勝
                               200背泳ぎ 準優勝
                               100バタフライ 準優勝
                                男子団体 第4位
建築デザイン科  第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会

                              木材加工部門  優勝
機械工学科    第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会
                              旋盤作業部門 準優勝
物質工学科    第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会
                              化学分析部門  優勝
建築研究部    全国高等学校インテリア科教育研究会主催
                 第13回高校生ものデザインコンテスト   優秀賞
都市研究部    第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会 測量部門   準優勝

       

ボランティア委員会の生徒たちが幼稚園でダンスと歌を披露 

8月26日(月)、ボランティア委員会の慰問班が精華幼稚園を訪ね、ダンスや歌を披露する慰問活動を行ないました。

 

〇パプリカ(NHK2020応援ソング)のダンスと歌の披露

 男子6名によるダンスと歌の披露をしました。園児達はとても楽しそうに聴いてくれました。

〇スーパーマリオのBGM

 トロンボーンで演奏しました。特にプラスチックでできた楽器で演奏してくれました。オレンジ色のトロンボーン に園児達は興味を示していました。

〇ビールCMソングのボラーレ

 フルートでメロディを演奏し、ボランティア顧問の先生によるギター、ダンスのセッションをしました。

〇ディズニー映画アラジンのホール・ニュー・ワールド

 フルートで演奏したアラジンのテーマソングに、園児達は耳を傾けていました。


そして最後に、パプリカを園児、ボランティア委員、先生方全員で歌って踊ってお別れをしました。

 

☆高校生ものづくりコンテスト東海大会 木材加工部門で本校生徒が優勝

8月25日(日)、第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会兼第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会東海地区予選が、三重県伊勢市で行われ、木材加工部門で本校建築デザイン科の生徒が優勝しました。

 

 

多くの練習成果を発揮することができました。審査は、作品の完成度だけでなく、整理整頓をしっかりと行い、よい環境で作業を行ったことも評価されました。

11月に大阪で開催される全国大会に向けて、さらに修正・改善を図っていきます。

 

☆高校生ものづくりコンテスト東海大会 旋盤作業部門で本校生徒が第2位

8月25日(日)、第18回高校生ものづくりコンテスト東海大会兼第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会東海地区予選が、三重県四日市市で行われ、旋盤作業部門で本校機械工学科の生徒が第2位に入賞しました。

大会直前に自転車で転倒するアクシデントがあり、掌を負傷した状態での出場となりましたが、見事に制限時間内で作品を仕上げることができました。

 

☆高校生ものづくりコンテスト東海大会 化学分析部門で本校生徒が優勝

8月23日(金)、第19回高校生ものづくりコンテスト東海大会兼第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会東海地区予選が岐阜県可児市で開催され、化学分析部門において本校物質工学科の生徒が優勝しました。

11月に行われる全国大会に出場します。

 

★第69回全国高校PTA連合会京都大会参加報告(写真追加版)

 本校PTAは8月22,23日に京都府京都市で行われた全国高校PTA連合会京都大会に参加してきました。

教員は遠藤校長、中島総務課長、PTA本部役員からは小関顧問、小澤会長、宮本副会長、丹所副会長、
横山副会長、長谷川美貴子副会長、永井副会長、中村副会長の計10名が研修に参加しました。
  

 会場はロームシアター京都、みやこめっせという道路を隔てて隣接する2会場で行われました。

初日は開会式の後、各分科会に分かれて参加、本校は第6分科会に参加して、
「我が子の進路選択にどう向き合う?~入試が変わる、授業が変わる…動き出した教育改革~」というテーマで
リクルート「キャリアガイダンス」編集長の山下真司氏、そして(一社)教育デザインラボ代表理事の石田勝紀氏
の講演を聞きました。

 
  夜はANAクラウンホテル京都で行われた静岡県情報交換会にも参加しました。

 最終日は基調講演として㈱日本電産の永守重信会長の貴重なお話を聞きました。
講演時間は90分でしたが、あっという間に終わったという印象で、永守氏の話に惹きつけられた思いでした。

詳細は小澤会長から9月26日(木)のPTA役員会で報告があると思います。

 なお、来年は島根、再来年は石川での開催となります。

※システムの不具合により写真をご紹介できませんでした。後日写真を掲載させていただきます。

New! 未来の科学者!「ロボット調査隊」Part18

未来の科学者『ロボット調査隊Part18

 8月9日(金)、「未来の科学者『ロボット調査隊』」を開催し、11名の中学生の参加がありました。

 最初に、ロボット工学科の生徒から「ラズベリーパイ戦車」、ティーチングプレイバックロボット「マッシュルーム君」の説明と実演をしました。

 午前中の作業は、ギヤボックスの組立、制御基板・モータ配線のはんだ付け、ロボット組立を行いました。今年の参加者は、いつもより作業ペースが速く、順調に組立を終了しました。

 午後は、プログラミングを行いました。今回プログラムを、アセンブリ言語でつくり、コンピュータの理解できる機械語に変換し、ロボットに転送し動作を確認しました。その後、課題と自由課題の二種類にチャレンジし、しっかりと動かすことができました。

 最後に、自宅でもロボットを操作できるように、ロボット研究部の生徒が作った赤外線リモコンを使って動作を確認し、持ち帰ってもらいました。

 

 

 

 

 

8月9日 令和元年度 台湾海外研修 4日目

研修最終日、4日目です。

朝の時点で台風の接近によって公的機関の休業が発表され、それに伴い、多くの企業も休
業となりました。

本日の予定は、午前中に台湾総統府および龍山寺の見学をした後、桃園国際空港に向かい
帰路につきます。

台湾総統府は、一般参観が可能で、建物や歴史などを学ぶことができるようになっていま
す。残念ながら、台風接近によって総統府も休業であるため、バスの中から外観を眺める
にとどめ、龍山寺に向かいました。

ところでこの日、休業の影響で、車が少なくて道中快適でした。
ただし、すべての企業が休業となるわけではありません(社員からの印象は悪いそうです・・・)。
スーパーマーケットや映画館などは営業しており、休みとなった人たちは、午後から買い
物や映画鑑賞などに出かけるそうです(台湾のお店は午前11時開業)。

さて、龍山寺までやってきましたが・・・
 
台風のため閉鎖されていました。

龍山寺は、仏教・儒教・道教が合わさった寺院です。台湾では、このように多様な神様を
一緒に祀っているお寺が多くあるそうです。
(門の外で説明を聴きます)

急遽予定を変更し、本日も開放されている「行天宮」へ向かいました。
寺院は公的機関と異なり、各自で開閉を判断するそうです。
行天宮は、商業の神様として関羽が祀られているお寺です。
(お寺の概要やお参りの仕方を聴きます)

短い滞在時間でしたが行天宮を後にし、空港へ向かいます。

午前中の便は、遅延やキャンセルとなっていましたが、我々が乗る予定の便は、予定通り
飛びそうです。だいぶ早く到着したため、チェックインを済ませた後、空港内を自由散策
することに。
出国手続きのため集合した後、現地ガイドである黄(コウ)さんとはここでお別れとなりました。
4日間、私達の研修がうまくいくように、親切に対応してくれました。そして、台湾のことをわ
かりやすく丁寧に教えて下さいました。ありがとうございました。

(搭乗ゲート前で待機中)
飛行機は予定取り出発し、台湾の地を離れることとなりました。
現地時間14時30分(日本時間15時30分)に出発。
およそ3時間のフライトで、日本の富士山静岡空港到着は18時30分でした。
日本語が目に入り、聞こえてくると、帰国したという実感と安心感がわいてきました。

一部の生徒はここで保護者とともに直接帰宅するため、簡単な解散式をしました。
保護者の皆様、お迎えありがとうございました。

その他の生徒は、貸切バスで学校まで向かいます。渋滞もなくスムーズに進み、
20時30分、無事に学校へ到着しました。保護者と先生方に出迎えていただきました。
ありがとうございました。
 
(バスに乗り込みます)            (学校での解散式)

準備段階から現地での対応など、多くの方々の支えがあって、無事に研修を終えること
ができました。今後は、文化祭での研修発表に向けた活動が続きます。
この海外研修で得たことを少しでも多く還元できるよう努めていきたいと思います。

この研修にご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

8月8日 令和元年度 台湾海外研修 3日目

研修も後半となりました。三日目です。

台風の影響で、朝から強い雨が降ったり止んだりという不安定な天気でした。
本日は、現地の企業訪問として、パソコン・周辺機器メーカーである「GIGABYTE(ギガバイト)」の工場見学と、
「国立故宮博物院」の見学を実施しました。

桃園県平鎮市にあるギガバイト南平工場は、台北市から西へ車で1時間程度のところにあります。
ギガバイト製品は日本でもよく知られており、パソコン部品のマザーボードやグラフィックカードなどが有名です。
見学前にレクチャーを受け、その後工場内を案内していただきました。工場内では、ボード上に電子部品を実装する
工程から、オーブンのような装置ではんだ付けする工程、目視と機械によるチェックや動作テストをする工程、完成
した製品を梱包し、ダンボールに詰め込む工程までを見学することができました。

 
(ロビーに入るとヒートシンクやメモリのスロットを使って作られた工場の模型がお出迎え)

 
(熱心にレクチャーを聴く生徒たち)       (案内していただいた企業担当者の方と)

工場見学の後に台北市内に戻り、昼食をとりました。本日のメニューは飲茶です。
午後は、国立故宮博物院を見学しました。ここにはおよそ70万点の美術品を所蔵されており、翠玉白菜(虫がとまっ
た白菜の形に彫刻した翡翠)や肉形石(豚の角煮を模した彫刻)が有名です。限られた時間の中、現地のガイドさん
が上手に解説してくださいました。

実は本日、「忠烈祠」を衛兵交代式を含めて見学する予定でしたが、強い雨のため断念。予定を変更して「カルフー
ル(家樂福)」を訪れました。カルフールは、台湾全土に展開する大型スーパーマーケットで、食材から日用品まで
何でも揃うお店です。台湾に住む人たちの生活を垣間見ることができることができました。また、買い物に挑戦する
生徒もおり、楽しい時間を過ごすことができました。

夕食は北京料理をいただきました。こういった食事は今夜が最後です。悔いのないように食べましょう。
 

 (北京ダックもいただきました)


明日はいよいよ最終日です。台風の影響が心配ですが、臨機応変に安全第一で対応してまいります。
よろしくおねがいします。

科学技術月間の科学イベントに参加しました (物質工学研究部)

 8月5日(月)物質工学研究部の生徒達が、清水区にある岡生涯活動センターにて行われたイべント「キラキラ☆雪が降るオブジェつくり」で、テンポドロップ作成の講師をしてきました。
 テンポドロップとは複数の化学薬品をアルコールに溶かしてガラス瓶に閉じ込め、天気に よってガラス瓶の中の結晶が変化するのを楽しむインテリアです。
 本イベントは静岡科学館る・く・るが主催したしずおか科学技術月間の科学イベントに参加したもので、当日は小学1年生から6年生まで、39人の子供達が参加し、物質工学研究部の生徒達と協力しながらテンポドロップを作りました。子供たちからは、もっとやりたいという声も上がり、化学をベースとしたものづくりに興味をもってくれたようです。またテンポドロップとは別に、オブラートを使っての曲面印刷を説明すると、早速テンポドロップのガラス瓶の側面に印刷する子もいて、そのアイディアには驚かされました。
 講師の高校生、参加した小学生共々、夏休みの貴重な体験になったことと思います。 

                                     

                          

 

8月7日 令和元年度 台湾海外研修 2日目

海外研修二日目です。

天候は晴れ。午後は雨が降りましたが、移動中だったため行程には影響せず。
本日は、国立羅東高級工業職業学校との交流、そして九フン(フンは人偏に分)の観光を
実施しました。

羅東高校では、多くの先生方と生徒たちに出迎えられました。
なかには、昨年本校へ交流に来てくれた生徒さんもいらっしゃいました。
歓迎式典を行った後、タピオカミルクティーづくり体験と、レーザー加工機で彫刻体験。
そしてレストランにて昼食会が催され、親睦を深めることができました。







昼食時にサプライズ!
本日誕生日の生徒がいたため、バースデーケーキを用意してくださいました。一生の思い出ですね。

はじめはお互いに緊張した雰囲気でしたが、昼食時には打ち解けて、笑顔で会話する姿を見ることができました。
今秋には、羅東高校の生徒たちが訪日し、本校へ交流に来てくれる予定です。再会するのが楽しみですね。


そして、午後は台湾北部の新北市の山間部にある「九フン」へ向かいました。九フンは19世紀末に金山として
栄えたものの、1971年に採掘量の減少から閉山。一時衰退しましたが、1989年に映画のロケ地となったことから
再び脚光を浴び、観光地として復興しました。
 
(有名な赤い提灯と急な石段)    (商店がひしめき合っています)


(商売繁盛の関公を祀った「聖明宮」)


九フンの観光を終えて台北市へ戻り、夕食をいただきました。本日は江浙料理です。美味しい!
 

夕食後にホテルへ移動し、本日の行程は終了です。
明日もよろしくおねがいします。

8月6日 令和元年度 台湾海外研修 1日目

本日から海外研修が始まりました。
早朝にも関わらず、お見送りいただいた保護者の皆様ならびに先生方、
ありがとうございました。

本校を予定通りに出発し、中部国際空港まで渋滞もなく到着しました。
CHINA AIRLINEの飛行機で出発し、およそ2時間半のフライトで台北桃園空港へ到着。

(もうすぐ着陸)

飛行機を降りてから目に映り、耳に入るのは日本語ではない言葉。改めて、海外研修に来たことを実感しました。
天候は晴れ。日本と変わらない蒸し暑さに少し安心(?)

空港で現地のガイドさんと合流し、貸切バスで本日の見学施設である台北市内の「中正紀念堂」に向かいました。

(いよいよ、始まります!)


「中正紀年堂」では、蒋介石の席坐像が鎮座する本堂を見学しました。
巨大な銅像はもちろんですが、大理石造りの壁面、天井の木工細工は圧巻です。
また、「衛兵交代式」も見学することができました。

(本堂内。像の両脇に立っているのが衛兵です。)


(本堂を背に)

さて、中正紀念堂の見学を終えた我々は、明日の羅東高校との交流を前に、
台湾東部の宜蘭(ぎらん)県へと向かいました。
台北は工業が発展した近代都市である一方、宜蘭県は農業や漁業が盛んだそうです。
工場もないため、水がきれいで農作物が美味しいとのこと。

本日の夕食は、ここ宜蘭県にて台湾の郷土料理をいただきました。

(美味しい料理に舌鼓)

その後、ホテルへ移動し、本日の行程は終了です。明日からの研修に備えゆっくり休んでください。

明日からもよろしくおねがいします。