学校の出来事

★都市基盤工学科3年生対象に「鉄筋加工技術講習会」が行われました★

 令和3年11月18日(木)の午前中4時間を使って、本校都市基盤工学科3年生対象に、講師を招聘しての「鉄筋加工技術講習会」が行われました。

 この講習会は、実習の一環として都市構造物(基礎・柱・基礎梁など)の主要な材料である鉄筋コンクリートの特性およびコンクリートと鉄筋の構成が強度に与える力学的特性について学びます。さらに、鉄筋加工の講義・実技を通じて、鉄筋の種類・構成・配筋・結束など鉄筋加工に関する基本的な知識や技能を習得する目的もあります。

 

 講師に静岡県鉄筋業協同組合の方10名をお招きし、1時間は安全教育を含んだ座学講義をしていただき、後半3時間を実技技能講習に割き、ベース筋と壁の組み立ておよび柱と梁の組み立ての実習を行いました。

 

 鉄筋コンクリートの建造物を作る際、耐震性を高めるために、中に柱と梁(はり)を入れて強度を高めます。生徒たちは完成されたものを見ながら、講師の方々の助言に従い、柱と梁を地面に並べて、ハッカーを使って針金で固定するなどの作業を行っていました。

 

 前身・静岡工業高校時代の「土木科」と違い、流れを受け継いだ「都市基盤工学科」は建築・建設だけでなく、災害時の初動としてのインフラ整備、そして災害を未然に防ぐ「防災」の勉強もすることになっています。

 

 災害はいつ起こるか全くわかりません。災害に耐えうる強度の建築物を作ること、そしてその構造を深く理解することはとても大切だと思います。

 

 午後は視聴覚室で関連DVDを観賞して振り返り学習も行いました。


 3年生は高校生活も残りわずか、さらなる勉学を積むことも忘れずに残りの高校生活に励んで欲しいです。

★静岡大学教育学部技術家庭専攻の学生が本校で研修を行いました★

 令和3年11月17日(水)午前中、静岡大学教育学部技術家庭専攻3年生8名と担当の室伏先生が実地研修で本校を訪問しました。学校説明を聞いたあと、学校施設をまわりながら授業や実習見学を行いました。

 

 研修を行った学生の中に本校卒業生がいて、平成30年度卒業生の竹澤君(ロボット工学科)でした。懐かしい母校に3年ぶりに戻り、研修を行い感慨深いことだったと思います。

 

 この日はロボット工学科を中心に、電気工学科、建築デザイン科、都市基盤工学科などを見学しました。

 

 この実地研修は毎年行われており、教員を目指す学生にとっては「高校教育の現場」を見られることが大きな収穫になっていると聞いています。

 

 将来の進路決定の参考にしていただければと思っています。

★第94回センバツ高校野球・21世紀枠静岡県推薦校表彰状授与式が行われました★

 令和3年11月16日(火)午後5時から本校・視聴覚室にて、第94回全国選抜高校野球大会(春のセンバツ)・21世紀枠静岡県推薦校表彰授与式が行われました。
 

 本校野球部は先日21世紀枠の静岡県推薦校に選出していただき、今回は正式に県高野連や主催の毎日新聞社から激励の言葉や表彰状を授与していただきました。

 

 式には県高野連から高橋会長と渡邊理事長、主催者の毎日新聞社から銅崎静岡支局長が出席して下さり、本校・松村校長の挨拶のあと、杉本主将(都市基盤工学科2年)から決意表明がありました。

 



 全体式終了後、本校同窓会・竹中会長からも激励の言葉をいただきました。



 当日はマスコミも多数来てくださいました。12月10日頃東海地区の代表校が発表になる予定です。
 毎日新聞・中日新聞・スポーツニッポンは11月17日(水)、日刊スポーツ・スポーツ報知は18日(木)に掲載予定です。


 

 これからも日々の練習に精進して欲しいです。皆様も応援よろしくお願いいたします。


 

★㊗高校生ものづくりコンテスト全国大会・旋盤部門で本校機械工学科3年・佐野さんが準優勝しました★

 機械工学科3年生・佐野碧さんが11月13・14日に神奈川県横浜市鶴見区で行われた全国高校生ものづくりコンテスト・旋盤作業の部に東海ブロック代表として参加、見事準優勝を果たしました。

 
 
 この大会への東海ブロックの出場枠はわずか「1枠」、東海王者にならないと全国大会出場が出来ないという狭き門をくぐり、佐野さんは8月の東海大会で見事優勝して初の全国大会出場を決めました。全国大会には全国9ブロック(北海道・東北・関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・九州)優勝者各1名に開催地・神奈川県代表を加えた10名が参加、静岡県からはすべての正式競技を通して唯一の参加者でした。

 

 学科試験と実技試験を行い、結果は全国準優勝、優勝者(中国ブロック代表)とわずか2点差の僅差でした。しかしながら、全国の強豪相手に堂々準優勝の偉業、立派の一言に尽きます。

 

 佐野さん、準優勝おめでとうございます。次の目標に向かって頑張ってください。


★ALT着任式が行われました★

 11月12日(金)朝のHR後に、新しくALTとして科学技術高校に来られたアリエル先生の着任式が行われました。新型コロナウイルス対策のため、事前に収録した動画を各クラスで視聴しました。まず、校長先生から「日本の文化を通して交流してほしい」とお話があった後、アリエル先生から「みなさん、おはようございます」と日本語であいさつがあり、続けて英語であいさつをいただきました。最後に、生徒会長が英語で歓迎の言葉を述べ終了しました。

   

自転車の街頭指導を行いました

 

 11月11日(木)静岡市と中央警察署合同の自転車の通行指導・啓発活動が実施されました。交通安全委員の生徒も参加し、のぼりを持って街頭指導を行いました。特に葵区内で事故の多い交差点や一時停止場所において重点的に通行指導が行われました。普段何気なく通っている道でも、一時停止や左側通行など注意するべき点に気付いたと思います。

 

 

 朝は余裕をもって行動し、安全に十分配慮した登校を心がけてほしいと思います。

★《日常の1コマ》応援指導部が早朝清掃をしてくれています★

 日常の1コマとして、応援指導部が早朝校内の清掃をしてくれている写真を掲載します。

 

 この日は生徒昇降口や駐輪場付近の清掃を朝早くからしてくれていました。

 コロナ禍で活動が制限されている中、普段の練習だけでなく、ボランティア活動をしてくれている姿に頭が下がる思いです。応援指導部以外にもバドミントン部など定期的に校内外の清掃や美化活動をしてくれている部活動もあります。

 このような生徒たちに支えられて、本校も日々発展していると心から思います。

★宮城県工業高校の先生方が本校を訪問されました★

 令和3年11月10日(水)、創立99年を誇る伝統校・宮城県工業高校(仙台市青葉区)の先生方3名が本校の教育現状および施設の見学のために来校しました。

 主に「工業高校における進路指導」「工業高校での国際交流の取り組み」という視点で本校の現状や経験を聞きたいという視点での訪問となりました。当日は進路課長と研修課国際化推進担当(前・国際化推進室長)からの話に熱心に耳を傾けてくださりました。
 そのあとは、本校の施設見学や普通教科も含めた授業を見学・参観してくださりました。
 

 本校は工業系専門高校ならではの設備(電子顕微鏡や3Dプリンターなど)も大変充実しており、その充実ぶりは全国的に見ても珍しく今回のように他県からの見学者が絶えません。また本校も他県からの来校者から貴重な情報を収集し、本校で実施した場合有益になるであろう事業等は実施の検討をすることもあります。
 このような訪問を通じてお互いが「ウィンウィン」の関係になれれば、と思っています。

 

 宮城県工業高校の先生方、遠方からありがとうございました。

★静岡大学理学部4年生による教職実地研修が行われました★

 令和3年11月10日(水)本校にて、静岡大学理学部4年生で理科・数学の教員になる、または教職を目指す学生31名を対象に「教職実地研修」が行われました。この研修は毎年本校にて行われています。(昨年はコロナ禍で中止)
 

 最初に本校副校長から学校の概要説明、そのあと高校の現状と新教育課程について教務課長から説明があり、教育相談室の役割説明が教育相談課長から行われました。

 そのあと授業風景を見学し昼食を取ったあと、教頭より保護者・地域とのかかわりの説明が行われ、最後に本校9学科ある工業科を代表して、工業科長から専門高校についての説明がありました。終了時には静岡大学の金子先生からまとめの講義があり、有意義な1日を終えることが出来ました。

 

 教員の過酷さが報道される昨今、教職を志す学生も減ってきていると聞きますが、教育の尊さとその意義を再確認して教職を目指して欲しいと思っています。

 

★生活委員会によるあいさつ運動が行われています★

 今週(11/8-11/12)朝の登校時、生徒会生活委員会によるあいさつ運動が行われています。

 これは毎学期一週間ずつ年3回、学年ごとに行われており、登校する生徒に大きな声であいさつを行っています。
 

 月曜日は1年生、水曜日は2年生、金曜日は3年生が行います。朝から気持ちいい挨拶を心掛けましょう。

芸術鑑賞会が行われました

 11月5日(金)1,2年生対象に、静岡市民文化会館にて芸術鑑賞教室が行われました。静岡市民文化会館を拠点としたプロジェクト「ラウドヒル計画」の劇団の一つである「エイトビート」による「BIRDMEN」(第二次世界大戦中に静岡に実在した「芙蓉部隊」が題材)を鑑賞しました。

 公演後には、出演俳優の方々に舞台を始めたきっかけや高校生のうちにやっておいたほうがいいことなどの質問に答えていただきました。

 最後に代表の生徒がお礼の言葉と花束を贈呈し終了しました。

 

★㊗ジャパンマイコンカーラリー2022東海大会(電子工学科)★

 令和3年11月7日(日)に、岐阜県立可児工業高等学校体育館にて、ジャパンマイコンカーラリー2022東海地区大会が開催されました。電子工学科では、毎年この大会に参加してきました。昨年度は新型コロナウィルスの影響により大会が中止され2年ぶりに開催されました。しかし、代表選手および顧問のみの会場入場で観客のない状態での開催でした。

 今年は、ベーシッククラス9台(課題研究8台+電子研究部1台)とカメラクラス2台参加し、全てのマシンが完走することができました。

 ベーシッククラス  2位、3位、4位、5位、6位、8位、12位、14位、17位

   (57台参加し24台が完走)

   2位 鷲巣碧  21秒18  → 全国大会出場   8位   西ケ谷比呂  22秒35

   3位 井柳日向 21秒48           12位  石垣美紅  29秒37

   4位 及川祐輔 21秒50           14位  松下一輝  30秒38

   5位 井上拓己 21秒60           17位  加藤伊織  31秒29

   6位 多々良拓紀 21秒70       (1位 可児工業高校 21秒07でした。)

 カメラクラス    1位、2位

    (7台参加し本校のみ完走)

    1位 榎本敦斗  47秒75  → 全国大会出場

    2位 山梨英里  56秒76 

 全国大会への出場権利をそれぞれ頂きました。(ベーシック1台、カメラ1台)

 全国大会は、年明けの1月8日・9日  広島県立広島工業高等学校で行われます。

 

 

 

 

 

 

修学旅行前に原爆先生による特別授業を行いました

 11月4日(木)の午後、2年生は修学旅行で訪問することになっている長崎の原爆資料館での平和教育の事前学習として、特定非営利活動法人「原爆先生」代表の池田眞徳先生を講師としてお招きし、「原爆先生の特別授業」が行われました。
 本特別授業では、少年兵として従軍され、広島で被爆された池田先生のお父様の手記をベースに広島の原爆被害の惨状や、使われた原子爆弾についてお話しいただきました。
 修学旅行では、今回の特別授業で得た知識と現地で目の当たりした事実を基に、核の脅威や平和について考えてほしいと思います。

 

自転車安全教室を行いました

 

 11月4日(木)静岡市葵区柚木の静岡県自動車学校にて、1年生対象の自転車安全教室を行いました。本校の生徒は自転車通学者が多いため、自転車のルール・マナーについて認識を高めさせ、危険予測に関する知識や運転技術を学び事故防止に役立てることを目的として行われました。

 生徒は5グループにわかれ、「自転車の危険な乗り方」「右左折事故・ドア開け」「交差点の通行方法(巻き込み)」「見通しの悪い交差点」「二輪と四輪の急制動」について、それぞれ15分の講習を受けました。実際に自動車に乗せてもらい、自動車を運転する側から見た視点の体験や、自転車と自動車の接触事故の再現を間近で見るなど、通学で気を付けるべきことを感じることができたと思います。

 

 

 最後に、代表の生徒が「今日学んだことを忘れず、安全に気を付けて運転します」とお礼の言葉を述べ終了しました。

 

 自転車安全教室終了後、電子物質工学科の生徒は自動車学校の設備を借りて給油設備等の授業をしました。

★都市基盤工学科2年生が「避難所運営ゲーム訓練」の講習を受けました★

 11月4日(木)、実習の3時間を使って本校2年都市基盤工学科40名は「ふじのくにジュニア防災士養成講座」の一環として静岡県危機管理部から講師をお招きし、「避難所運営ゲーム訓練」(HUG訓練)の講習を受けました。

 「ふじのくにジュニア防災士」とは、大規模な災害発生時に、自分で自分の身を守ることが出来て、地域の人たちの防災活動をお手伝いすることが出来るような頼りになる小学生・中学生・高校生であることを認める制度です。この資格は静岡県知事が認定する資格取得です。


 「避難所運営ゲーム訓練」(HUG訓練・ハグ訓練)とは、災害時の状況を想定し、その状況(被害状況・避難者人数・避難所のキャパや構造・被災者の病状等)を考慮しながら、どのように避難所を運営していくか頭上(図上)で想定して模造紙上に付箋やマジックを使って表していく訓練です。
 

 静岡県危機管理部危機情報課の上田先生を講師に招き、1時間の講演の後、残りの2時間を使って訓練を実際に行いました。生徒は上田先生が読み上げる状況をグループごと仲間と相談しながら、避難所の配置や救済の優先順位付け等を熱心に行っていました。
 

 この講習が「ふじのくにジュニア防災士」の資格取得に繋がるよう、これからも勉学に精進して欲しいです。
 

 

 

★蒼穹祭が行われました★

 10月30日(土)秋晴れの下、令和3年度蒼穹祭が開催されました。今年の蒼穹祭は新型コロナウイルス感染防止のため、一般公開は行われず、参加者は生徒とその保護者2名以内に限定して開催しました。
 今回の蒼穹祭のテーマ「蒼意/穹魂」のもと、生徒一人一人が文化祭に関わり、生徒の盛り上げたいという思いが伝わってくる蒼穹祭となったと思います。

 

 
 午後0時半に終了し、閉会式はオープニングと同様に放送を通じて行われました。閉会式ではオープニングセレモニーで視聴したCMの中で、各クラスの実行委員が投票して決定したCM大賞の発表が行われました。また、生徒と来場した方々が投票し、階段装飾、科展、部展、クラス展の各部門で表彰が行われました。
 コロナ禍の開催ということで、いろいろ制約がありましたが、関係者の方々の御協力により、開催できました。ありがとうございました。 

表彰内容

 CM大賞           機械工学科 

 階段装飾           理工科

 科展             建築デザイン科 

 部展             機械工学研究部(自動車部)

 クラス展           電子物質工学科 1年

 

 

★表彰者紹介★

 2学期から10月28日までの諸活動で顕著な成績を挙げた皆さんです。全校集会が行われないため、HPにて紹介します。

 総務課        県高P連 高校生全校表彰      善行賞   1年  木内 美翔さん

                                   2年  弓桁 光琴さん

                                   1年  牧野 光佑さん

情報システム科    知事顕彰   若年者ものづくり競技大会銅賞      3年  櫛田 直樹さん 

囲碁部  静岡県高校総合文化祭兼第41回東海地区囲碁選手権静岡県予選(中部地区大会)

              男子団体戦           準優勝  1年     川口 煌生さん

                                   2年     片井 優空さん

                                   2年     石原 大地さん

                                               男子個人戦A級                優勝  1年  川口 煌生さん

                                                              4位   1年    片井 優空さん

                                                          5位  2年  鈴木 悠さん

                                                     6位  2年  石原 大地さん

                                                  男子個人戦C級             5位  1年  佐藤 実来人さん

自然科学部    静岡県生徒理科研究発表会 中部大会          優秀賞  2年    平井 萌乃さん

                                    2年     松下 真歩さん

                               優秀賞  2年  青木 宥太さん

                                    2年  川端 春成さん

                                    2年  友松 柊人さん

                                    2年  丸山 心さん

情報処理研究部    U18 IT夢コンテスト2021           敢闘賞  2年     山内 泉さん

                                    2年    山内 蛍さん

陸上競技部      第54回静岡県高等学校新人陸上競技対校選手権大会

                         円盤投げ   34m11   5位  1年    櫟原 裕太さん

                         砲丸投げ   11m74   6位  1年    櫟原 裕太さん

放送映像研究部                     第16回高校生CMコンテスト             金賞     2年   海野 紗矢さん

                                    2年   上山 いゆさん

写真部   ふじのくに地球環境史ミュージアム主催第4回ふじニュー写真展  ジュニア部門

                          ふじミュー特別賞   2年   望月 脩平さん

                           入選(3作品)   2年   大澤 暖人さん

                             入選      1年   長坂 あやめさん

建築デザイン科  国士舘大学主催高校生建築アイデアコンテスト2021 

                             佳作     3年  遠藤 春華さん

                                                                    佳作     3年  吉田 ひかりさん

         星槎道都大学主催第18回高校生住宅設計コンクール

                             佳作     3年  沖山 暖和さん

         星槎道都大学主催第19回高校生住宅設計コンクール

                             奨励賞    3年  浦山 皐さん

  岐阜女子大学主催第13回わたしの住まいリフォーム・デザイン案コンテスト2021

建築デザイン科       技術・デザイン部門      優秀賞    3年  吉田 ひかりさん

                             奨励賞    3年  市川 心晶さん

                             奨励賞    3年  鈴木 紗来さん

                             奨励賞    1年  鶴橋 千聖さん

建築研究部       アイデア・デザイン部門      奨励賞    1年  鶴橋 千聖さん

建築研究部  国土交通省主催高校生の作文コンクール    優秀賞    2年  山下 温葉さん

建築研究部  日本大学主催第68回全国高等学校・建築設計競技会

                             奨励賞    3年  松島 匡寛さん

                             奨励賞    3年  塚本 知花さん

      日本工業大学主催第35回日本工業大学建築設計競技

建築デザイン科                      奨励賞    3年  大石 優羽さん

建築研究部                        奨励賞    3年  吉田 ひかりさん

                                                                                                                                                                                                         以上

 

★壮行会・蒼穹祭オープニングセレモニーを行いました★

 10月29日(金)全国大会に出場する選手の壮行会および蒼穹祭オープニングセレモニーを行いました。新型コロナウイルス感染症対策のため、事前に動画を撮影し各教室にて視聴しました。 

 壮行会では、機械工学科の佐野さんが11月13日の全国大会に向け意気込みを語りました。また、県大会に出場する囲碁・将棋部の選手が紹介されました。最後に生徒会長と校長先生から激励の言葉がありました。対面ではありませんでしたが、各教室で選手たちに向け温かな拍手が送られました。

 

 

 オープニングセレモニーでは、生徒会の進行のもと行われました。生徒会長の挨拶の後、参加団体が作成したCM、1年生作成の階段装飾、特技自慢の動画視聴が行われました。どの動画も工夫が凝らされており、CMや階段装飾の優秀作品を決める投票では迷いつつ投票する様子も見られ、各教室は大いに盛り上がっていました。最後に蒼穹祭の注意事項があり、壮行会およびオープニングセレモニーは終了しました。

 

 

蒼穹祭 階段装飾の紹介動画を撮影しました

 10月25日(月)1年生の文化委員は放課後の時間を使い、蒼穹祭オープニングセレモニー用の階段装飾の紹介動画の撮影に臨みました。階段装飾は各科ごとテーマを決めて2枚のパネルを作成しました。撮影では緊張している様子でしたが、リハーサルや撮り直しをするなどして真剣に取り組みました。