学校の出来事

平成31年度入学者選抜検査合格者が発表されました

   3月14日(木)正午、平成31年度入学者選抜検査合格者 全日制365名 定時制24名が発表されました。

 受験生本人や保護者の方々が発表30分ほど前から集まり始め、多くの人が発表を待ち構える中、正午に合格者の受験番号が生徒ホールに貼り出されました。

 歓声、ガッツポーズ、掲示板を背景に写真撮影等、喜びの光景が見られました。

 合格者の皆様、保護者の皆様おめでとうございます。入学式は4月5日(金)です。新1年生の登校を、在校生および教職員一同心待ちにしております。

        

    

 

3月1日(金)第11回卒業式が挙行されました

  3月1日(金)小雨交じりの曇天の中、多くの保護者の方々、来賓の方々、2年生、教職員の隣席の下、第11回卒業式が、落ち着いた雰囲気の中で終始厳粛に挙行され、363名が本校を巣立っていきました。

    卒業生入場、開式の辞、国歌斉唱の後、卒業証書授与が行われ、卒業生は各科毎担任の先生から呼名され、代表者に校長先生から卒業証書が授与されました。

 校長先生は式辞で卒業生に次のようなはなむけの言葉を贈られました。

 「卒業おめでとうございます。本校での多様な学びを通して得た知識、技術、技能等を活かし、各々の分野で更なる研鑽に励み、次代を担う社会人、職業人として自立し成長していくことを期待しています。

 変化の激しい社会の中で自分のキャリアを磨いていくには、先行きの不透明さに正面から向き合いそれを楽しむくらいの心根とゆとりが必要です。母校である本校での学びを礎として主体的に社会とかかわり、生涯にわたって学問を継続することで、有意義で充実した人生を歩んでください。これまでの学校生活で披露してくれた素晴らしい活躍を振り返ると、必ずや明るい未来が待っているものと確信しています。」(抜粋)

 来賓としてPTA会長、後援会会長、同窓会会長から祝辞をいただきました。 

PTA会長祝辞(抜粋):「高校3年間の思い出すべてが財産、いつまでも大切にしまっておいてください。4月からはそれぞれの道に進む、どの道を進もうとも科学技術高校の卒業生である自信と誇り、何よりも責任を持って行動をしてください。そして何か一つでも自分自身で決めた目標に信念を持って日々努力を積みかさねていく、その過程こそが大切。皆さんの努力と頑張り今後の活躍を期待し応援しています。」

後援会長祝辞(抜粋):「人は一人では生きていけない。なんでも話し合える生涯の友となる真の友人は高校時代の3年間に作られます。卒業生の皆さんも良き友を得たと思います。卒業式後の最後のホームルームで互いの顔を見て手を取り合い次の再会を誓ってお別れをしてください。これからも互いに切磋琢磨して生涯の友としてお付き合いをして下さい。」

同窓会会長祝辞(抜粋):「人との触れ合いを大切にしてほしい。これから進路先で多くの人と触れ合い、多く意見を聞いて自分の視野を広げてください。本校の同窓生は44,000人います。困難に直面した時先輩方に相談してください。力になってくれます。そして何年後かは相談される人になっていただきたい。皆さんの活躍を期待すると同時に、早期に同窓会活動に参画していただけることを心待ちしています。」 

 続いて在校生を代表し生徒会長が次のように送辞を述べました。

 「共に過ごした学校生活では先輩方にあこがれ、一日でも早く追いつこうと様々なことに挑戦してきました。部活動、学校行事等を通じ様々なことを学び多くの教えを受けてきました。感謝の気持ちで一杯です。先輩たちは今後、簡単には答えが見つからないことに直面するかもしれませんが、科学技術高校で培ってきた未来を切り開く感性と創造力があれば、どんな困難も乗り越えていけると信じています。在校生も先輩方の後を継ぎ、更に飛躍できるよう残りの高校生活を精一杯過ごしていきます。」(抜粋)

  卒業生を代表し前生徒会長が3年間を振り返り答辞を述べました。

 「3年の月日が過ぎようとしている。さまざまな思い出もつい先日のことのように思われます。授業、学科、部活動、委員会活動等様々な面での先生方からのアドバイスは我々を支え導いてくれました。また暖かい思いやりで包んでくれた家族に感謝の気持ちで一杯です。

 平成最後の卒業生として、夢や目標に向かってそれぞれの進路で精進していきます。悩んだり苦しんだりしたときには科学技術高校で学んだことを思い出し、卒業生であることを誇りに励み試練を乗り越えていきます。」(抜粋)

 最後に校歌を斉唱し閉式となりました。

      

                     【卒業証書授与】

      

          【校長式辞】               【PTA会長祝辞】

      

         【後援会長祝辞】              【同窓会会長祝辞】

      

           【送辞】                  【答辞】

建築デザイン科、1日限定の『卒業設計展』を開催

  本年度も、3月1日の卒業式後のHRの場において、3年生が制作した『卒業設計』全員分を、建築デザイン科製図室に並べ、保護者の方々に3年間の集大成と成長の証でもある設計図面を見て頂きました。

 それに先立って、2月28日には「1日限定の卒業設計展」を開催しました。2学期以降、製図の時間に取り組んだ作品で、テーマは一級建築士製図に挑戦した〔子ども・子育て支援センタ―〕・〔宿泊機能のある「ものつくり」体験施設〕・〔集合住宅と店舗からなる複合施設〕とインテリア製図として〔マンションリフォーム〕から各自が一つを選んだものです。3年生の作品は1,2年生にとってそれぞれの目標ともなるものです。後輩には、それぞれの感性で、最も優秀であると思う1作品を選んでもらいました。どの生徒も真剣で熱心に先輩の作品を見ていました。3年生の思いの入った図面は、1,2年生にもじゅうぶん伝わったようです。

 

 

 

 

製図室に並べられた

3年生全員の『卒業設計』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、3年生の制作した各々の作品を展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『卒業設計』

 

 

 

 

 

 

熱心に図面を見る1年生

 

同窓会入会式と表彰式が行われました

 2月28日(木)卒業を前に同窓会入会式と表彰式が行われました。

 同窓会入会式では同窓会賞が各科1名に授与され、全員に卒業記念品が贈呈されました。

   また同窓会長から、「卒業後の進路は様々だが、3年間で得た友達は一生の支えとなる。クラス会を開き旧交を温めさらに友情を育んでください。同窓会活動への参画を期待しています。」との挨拶があり閉会となりました。

 引き続き1,2年生も同席し、3年生対象の最後の表彰式が行われました。

 表彰内容を以下に記します。

 

産業教育振興中央会 御下賜金記念優良卒業生    電気工学科  1名

各研究会長表彰

 東海地区機械教育研究会会長賞           機械工学科  1名

 東海地区電気教育研究会会長賞          電気工学科   1名

 全国電子機械教育研究会会長賞        ロボット工学科   1名

 東海地区機械教育研究会会長賞        ロボット工学科    1名

 全国電子工業教育研究会会長賞          電子工学科    1名

 全国情報技術教育研究会会長賞        情報システム科    1名

 東日本建築教育研究会会長賞         建築デザイン科    1名

 日本建築学会東海支部長賞          建築デザイン科    1名

 全国高等学校インテリア科教育研究会会長賞  建築デザイン科    1名

 東日本土木教育研究会会長賞         都市基盤工学科    1名

 日本工業化学教育研究会会長賞          物質工学科    1名

優秀賞          各科1名

3ヶ年皆勤賞       86名

 機械工学科  10名   電気工学科    8名   ロボット工学科  16名

 電子工学科   7名   情報システム科  7名   建築デザイン科  12名

 都市基盤工学科 6名   物質工学科   10名       理工科  10名

特別活動賞

 ウェイトリフティング部 国民体育大会 全国高等学校総合体育大会   4名

 コンピュータ部 第20回技術教育創造の世界「エネルギー利用」技術作品コンテスト 

        文部科学大臣賞 静岡県教育委員会表彰         1名

 自然科学部 第42回全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 優秀賞  4名

 少林寺拳法部  平成30年度全国高等学校総合体育大会        1名

 電子工学科 ジャパンマイコンカーラリー 2019 全国大会        4名

   体操部   全国高等学校総合体育大会                2名     

読書奨励賞    電気工学科 1名

教養力テスト優秀賞  第1位~第10位

危険物取扱者試験甲種合格者および乙種全類合格者表彰

 甲種合格者        物質工学科  6名  

   乙種全類合格者                    電気工学科  1名    物質工学科  8名

ジュニアマイスター顕彰

 ジュニアマイスター 理事長賞    都市基盤工学科  1名

 特別賞     都市基盤工学科   2名

 ゴールド     機械工学科   11名  ロボット工学科  1名  

                         建築デザイン科  1名        都市基盤工学科  2名

 シルバー   機械工学科   6名   ロボット工学科  4名  

                             情報システム科 2名   建築デザイン科  1名

          

                   【同窓会入会式】

         

                     【表彰式】

卒業を前に3年生を対象にワークルール基礎講座が開催されました

 3年生が久しぶりに登校し、卒業を迎える準備が行われています。2月27日(水)は頭髪服装指導、ワークルール基礎講座、答辞・証書授与者への礼法指導等が行われました。

 このうちワークルール基礎講座では社会保険労務士の方を講師にお迎えし、労働者として知っておいて欲しい基本知識として、労働基準法等労働に関する法律の最低限の知識、社会保険や労働保険の制度、ハラスメントへの対応、またアルバイトをするときの注意等について、講師の先生の職歴や経験談も含め、解りやすく説明していただきました。

 今後就職やアルバイト等で働く際、今回の講座でお話いただいた働くことによる義務と権利等の知識が役立つことと思います。

       

「夢ナビ」の説明会が開催されました

 2月26日(火)学年末試験初日の放課後、進学希望の1年生を対象に「夢ナビ」の説明会が開催され、「夢ナビ」を運営する会社の方から、サービス内容と利用方法について説明していただきました。

 「夢ナビ」は、高校生を対象に、生徒の興味・関心があるキーワードをもとに、大学の教員が研究する内容を講義シートや講義動画により紹介するサービスで、進学を考えている生徒には、自身の興味や関心と学問との関連を知る有効な手段だと思います。進路選択にあたり積極的に利用して欲しいと思います。

       

建築デザイン科2年生が、建築士講演会を聴講

 

 2月20日(水)午後、ペガサート(葵区御幸町)で行われた第71回静岡県建築文化研究会主催の講演会『studio velocity(栗原健太郎・岩月美穂)-建築という多様性』を建築デザイン科2年生が校外学習として聴講しました。 

 著名な建築家で現在活躍をされている岩月美穂氏による、実設計「愛知産業大学 言語・情報共育センター」他、設計競技当選案による平家建て共同住宅、自らの設計事務所を中心とした講演は、企画・計画・設計・施工など、詳細な解説を交まじえた高校生にも分かりやすい内容で、授業では得られない貴重な学習ができました。 

 建築デザイン科の2年生は、現在、建築設計製図の授業で全員が建築設計競技(コンペ)に挑戦すべく、日々図面の制作中です。今回の講演会は今後の設計に大いに活かされるものと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらめき 電気工学科 2年生ロボット競技大会

 2月20日(水)、毎年恒例の電気工学科2年生によるピンポン玉を奪取するロボット競技大会が行われました。電気実習の時間に半年間かけて製作するロボットは、モーターやギヤ、タイヤ類は既製品を活用するものの、設計から加工までをすべて個人ごとに行います。アルミ板を加工して製作する生徒が多い中で、CADで図面を描き、レーザー加工機でアクリル板をカットして製作する生徒もいます。本年度は掃除機タイプや網を使ったロボットなど、ルールの隙を突く作品も登場しました。電気工学科では、この実習で養われた想像力や材料の加工、配線といった技術を来年度の授業に繋げ、さらには進路選択の一助にしたいと考えています。

E科ロボット大会 E科ロボット大会

理数科の課題研究発表会が行われました

 2月15日(金)理数科の課題研究発表会が行われました。理数科では2年生で課題研究を行います。1学期は基礎実験として、数学、生物、化学、地学、物質工学科で準備された実験を順次行い、2学期から1人または2~3人のグループに分かれ、基礎実験を行った各教科・学科の担当の先生の助言をいただきながら、自分たちで決めた研究テーマに取り組みます。

 今年度の2年生41人は16のテーマに取り組み、1年生、参観を希望された保護者の方々、指導された先生の前で成果を発表しました。

 来年度当事者となる1年生からは質問もあり、積極的な姿が見られました。

 課題研究では、研究テーマ決め、実験、まとめ、発表等生徒が主体となって継続的に取り組んでいきます。この経験は今後の生徒個々の成長の糧となることと思います。

      

 

建築デザイン科3年生が製作した『静岡県庁本館』の模型が、県庁東館2階ロビーに展示されています

    本年度の課題研究で建築デザイン科3年生の製作した『静岡県庁本館』の模型が、2月6日(水)より2月22日(金)までの予定で、県庁東館2階ロビーの展示コーナーに設置されています。『静岡県庁本館』は竣工後80年が過ぎ、国指定登録有形文化財(建造物)にもなっています。この節目に貴重な文化財を改めて見直すと同時に、多くの人に紹介したいという思いで製作しました。搬入の当日は、新聞社の取材も受けました。何度も調査のために県庁まで足を運んだり、夏休みを返上して製作してやっと完成しました。

   模型は1/100スケールで、1m四方の大きさのものです。模型では建物全体をあらゆる角度から見ることができます。皆さんも是非、静岡県庁に足を運んで実際に建造物を間近に見ることで、80年の歴史を体感してみてはいかがですか。

新聞社の取材中

県庁東館2階ロビーにて

 

 

 

 

 

 

 

 

★PTA主催1,2年生保護者会が行なわれました★

2月6日(水)午後、PTA主催1,2年生保護者会が行なわれました。2学年合わせて約500名の保護者の方が
来校してくださいました。
 

5時間目に授業参観があり、そのあと学年全体会とクラス懇談会が行なわれました。
学年全体会では、渡邉PTA副会長、丹所PTA副会長のご挨拶の後、各学年主任の話と
進路課長からの進路講話がありました。
 

 

 

 

クラス懇談会も行なわれました。
  

終了後、希望者を対象に奨学金説明会も行なわれ、ファイナンシャルプランナーの安藤絵理様にお話をいただきました。
 

お忙しい中、参加していただいた保護者の皆様に心からお礼申し上げます。

★3年生表彰式・学年集会が行なわれました★

 2月6日(水)第5回定期テスト(3年生工業科のみ)終了後、体育館で3年生の学年集会が行なわれました。
 

集会に先立って、表彰式が行なわれました。
物質工学科・3年の中西さんは、「東洋大学 現代学生百人一首 入選」を受賞しました。
 入選句は 「ただいまと 靴を脱ぎ捨て 駆け込むと 目には見えない 祖母のおかえり」 です。

自然科学部 輪ゴム班の理工科3年・船津君、海野君、山本君、山田君は「読売新聞社主催 日本学生科学賞 入選三等」
を受賞しました。
 

表彰式の後の学年集会では、松原生徒課長、森竹養護教諭、そして壬生学年主任から主に家庭学習期間の心構え、
諸注意、そして今後の日程等のお話がありました。
 

 

3年生工業科の生徒は明日から自宅研修日となります。今月末の27日に卒業式予行等、28日に表彰式・同窓会入会式の
ために登校し、3月1日(金)の卒業式に臨みます。

1,2年生が3年生の進路体験を聞く機会が設けられました

 2月1日(金)LHRの時間、工業科各科教室において、3年生が自身の進学や就職に関する進路体験を2年生、1年生に話す機会が設けられました。

 3年生からは、進路選択の時期や進路先決定理由、日々の授業や実習の大切さ、面接や小論文の試験対策等、進路決定に至るまでの中で大事にしてきたことが語られ、一方1,2年生はメモを取りながら熱心に話を聴く姿が見られました。

  1,2年生も必ず進路選択、就職活動や受験に直面する事になります。今回3年生から聞いた話を参考に、悔いが残らないよう進路活動をしていきましょう。

      

 

 

★学校保健委員会および生徒保健委員の研究発表

2月1日(金)午後本校で、学校医、学校薬剤師、PTA保健委員の方々をお招きし、
平成30年度 学校保健委員会」が開催されました。

 

本校の学校保健安全計画、定期健康診断結果、保健室利用状況、治療状況、朝食調査の結果、災害発生状況、
相談室の利用状況、新体力テストの分析などの報告および来年度の学校保健安全計画の提案および承認がありました。


委員会の後半では、生徒保健委員会の研究発表が行なわれ、2年生の小坂君(電気工学科)、
中村君(物質工学科)、粳田君(理工科)が、昨今問題になっている 「エナジードリンクの功罪」
という題目でパワーポイントを駆使して、素晴らしい発表を行ないました。
 

  

発表終了後、学校医、薬剤師の先生方から御助言を頂きました。またPTA保健委員長の佐野様から
講評もいただきました。

 

★3年生工業科生徒対象 社会人としての服装マナー講座

2月1日(金)に工業科3年生を対象に社会人としての服装マナー講座を開催しました。
 

卒業を1ヶ月後に控えた3年生が、社会に出て行く前に服装マナーの専門家から、着こなしや立ち振る舞いなど社会人としてのマナーを男女別の講座で学びました。
 

男子生徒の講座は「学生服のやまだ」様のご協力のもと、「㈱チクマ 服育ネット研究所」の有吉直美様、
女子生徒の講座は「静岡インターナショナルエアリゾート専門学校」の小澤恵巳子様に講師をお願いしました。
 

 

この講座は今年初めて行なわれたものです。早い生徒は2ヵ月後には社会人となります。その準備を高校
在学中にしておこうという趣旨で企画されたものです。

3年生工業科生徒は来週6日まで登校します。

 

晴れのち曇り 電子工学科の課題研究発表会が行われました

1月31日(木)電子工学科の課題研究発表会が行われました。各班のMCRによる研究発表に加え、全国大会へ出場した選手の報告や電動カート製作の報告がありました。また、マイコンカーの試走をおこないました。

 全国大会に出場したマイコンカーを引き継ぎもおこないました。

 

 

    全国大会出場の発表      電動カートの試走

 

  各マイコンカー試走         3年生から2年生へ

 

工業科の課題研究発表会が行われています

 工業科では3年次に、「工業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発性、創造的な学習態度を育てる」を目標とし、3年間の学習の総まとめとして「課題研究」という科目を行っています。         

 学年末を迎え、その発表会が1月23日から1月31日の間に各科毎に行なわれています。

 1月28日(月)は、物質工学科の発表会が行われました。1~3人で1テーマを担当、全19テーマについて研究成果を発表しました。

 発表会には物質工学科の全生徒の他、事前に参加申し込みをいただいた保護者の方々、他学科や教科の先生方にも参観いただきました。

 生徒達は5分間の制限時間の中で1年間の成果を理解していただけるよう、一生懸命準備し発表しました。良い経験となったと思います。

      

 

ひらめき 電気工学科 課題研究発表会

 1月29日(火)に,電気工学科3年生の課題研究発表会を行いました。昨年4月に各グループでテーマを考え,ここまで一所懸命に取り組みました。内容は電力に関するものからマイクロコンピュータを用いた製作物,さらには植物と関連付けた研究など様々です。発表後は緊張からの解放も手伝い,安堵の表情を浮かべる生徒が多かったように感じました。ここで得られた知識や考え方が,将来の仕事や日常生活の糧になることを期待しています。

燃料電池の説明装置

燃料電池の説明装置

多機能防災システム

多機能防災システム

ストラックアウト

ストラックアウト

PWM制御を使ったライントレースカーの製作

PWM制御を使った

ライントレースカーの製作

Arduinoを使ったクレーンの製作

Arduinoを使ったクレーンの製作

太陽光発電と半導体レーザーによる水耕栽培

太陽光発電と

半導体レーザーによる水耕栽培

中学生向けの教材づくり

中学生向けの教材づくり

信号機ユニットの製作

信号機ユニットの製作

踏切の製作

踏切の製作

俺たちのElectric Company

俺たちのElectric Company

PICによる制御(アーム&ハンド)

PICによる制御(アーム&ハンド)

PICによる制御(UFOキャッチャー)

PICによる制御(クレーンゲーム機)

物質工学科で学年対抗ドッジボール大会が行われました

 1月25日(金)のLHRの時間、物質工学科では学年対抗ドッジボール大会が行われました。 試合はリーグ戦で行い、優勝は3年、次いで2年、1年と先輩に花を持たせるような結果となりました。

 年が明けて1ヶ月、3年生は2月1日(金)から学年末テストが行われ、その後は自宅学習となりますので、3学年が一堂に会するのは今回が最後となります。全員で記念写真を撮り、ドッジボール大会は終了しました。

 3年生にとっては最後のLHR、1,2年生にとっては3年生と接する最後の行事として思い出になったことと思います。

      

 

大学入試センター試験が終わりました

試験会場入口

 1月19,20日の二日間にわたって大学入試センター試験が行われました。本校では150人強の4年制大学希望者全員が常葉大学草薙キャンパスで試験に臨みました。これまで、放課後等の補習や仲間たちと自習室で切磋琢磨したりと努力を重ねてきました。会場の入口で生徒たちに声を掛けましたが、緊張感に包まれた生徒が多少いたものの、多くは落ち着いた様子でした。
 一般試験に挑んでいる生徒たちは、自己採点結果を吟味し受験校を決定します。生徒たちの苦労と努力の成果が得られるように応援していきます。最後まであきらめずに全力を振り絞ろう!